マニキュアの落とし方 | ネイルを手軽に楽しむサイト

マニキュアの落とし方

マニキュアの落とし方

マニキュアは女性のおしゃれのひとつ。マニキュア次第で、気分が上がりますよね!マニキュアを十分に楽しむには、落とし方も重要です。

マニキュアを落とす除光液は、爪にかなりの負担がかかります。落とした直後はあまり実感がなくても、除光液は、マニキュアと一緒に爪の水分や油分も溶かしてしまいます。

除光液を塗った後の爪は乾燥しやすく、薄くなって白っぽくなりがちです。増して、爪をゴシゴシと擦って落としていると、2枚爪になったり、どうしても爪が傷んでしまいます。

爪に負担をかけないマニキュアの落とし方を紹介します。

マニキュアの落とし方のポイント

爪にやさしいマニキュアの落とし方のポイントは、「素早く落とす」「擦らない」の2つです。

除光液は、アセトンが入っていないアセトンフリーのものがおすすめです。私は、無印の除光液を使っています。除光液は、マニキュアと一緒に爪の水分・油分も取り除きます。除光液を頻繁に使っては、乾燥した弱い爪になってしまいます。

アセトンフリーのものでも爪に良いとはいえませんが、アセトンより負担が軽いです。ただし、アセトンフリーの物では、重ね塗りしたマニキュアやラメ入りのものはうまく落としにくいです。その場合は、アセトンのものを使った方が良いかもしれません。

そして、マニキュアを落とすときは、なるべく短時間で、ゴシゴシと擦らずにすることが大切です。ゴシゴシと擦ると、爪が痛んでしまいます。除光液は、しっかり浸透させ、素早く拭き取るのがポイントです。

マニキュアを落とすのは、1週間に1回までに留めましょう。マニキュアを塗りっぱなしにするより、マニキュアを落とすときのほうが爪にとっては負担です。数日おきにトップコートを塗る習慣にしておくだけでも、マニキュアは長持ちします。2週間ほどはもちますよ。

マニキュアを落とす方法

マニキュアを落とすときは、除光液とコットン、アルミホイルを用意します。コットンは、柔らかい、ふわふわしたものがおすすめです。

コットンは、爪の大きさにカットして使います。除光液をコットンに浸透させ、マニキュアを塗っている爪の上にのせます。アルミホイルは、除光液の蒸発を防ぐために、指に軽く巻き付けるようにして使います。

除光液をマニキュアに浸透させる時間は、30秒~2分ほどが目安です。短すぎると不十分ですし、長すぎると爪が傷んでしまいます。時間は商品にもよるので、いろいろ試してみてください。アセトンフリーのものだと5分くらいは必要かもしれません。

除光液でゆるんだマニキュアを、爪にのせていたコットンで拭き取って落とします。一発で拭き取れればベスト。残ってしまった場合は、ゴシゴシ擦らずに、また同じ手順で落とします。

マニキュアを落とした後は、保湿ケア

マニキュアを落とした後は、ネイルオイルやハンドクリームを爪にしっかり塗って、乾燥のケアをしましょう。爪は乾燥していると、欠けたり、割れたりしやすいです。ネイルを楽しむためには、保湿ケアまでしっかりとすることが大切。

爪にやさしいマニキュアの落とし方をマスターし、爪を健康的に保つためのケアもすれば、完璧です。