How to オフィスネイル | ネイルを手軽に楽しむサイト

How to オフィスネイル

How to オフィスネイル

爪先のマナーともいえるネイル。といっても、オフィスネイルで迷う人も多いはず。職場によって、どの程度がマナーで、どの程度がやり過ぎなのか、悩みますよね。

オフィス用ネイルというと、シンプルなイメージが強く、派手なものはNG。といっても、全くお手入れなしのネイルも×。どんなネイルが最適なのか、わかりにくいです。

指先はとても目に入るので、仕事のモチベーションにも影響します。女性にとって、ネイルはオシャレのひとつです。お気に入りのネイルだと、気分も上がります。

オフィス用ネイルの中にも、可愛くて、周りのウケも良いデザインのものもあります。

どこまでなら許される?オフィスネイル

職場によって、どの程度までがOKなのか変わるため、ジャッジが難しいオフィスネイル。会社によっては、明確な規定があるわけではありません。少なくとも、爪の長さがパソコン操作に支障をきたさないくらいまで整えておくことが大切です。

爪が長いと、書類整理の効率が落ちたり、美容師など、仕事によってはお客様を傷つけてしまうこともあります。

爪の形も重要です。スクエアネイルは、実はオフィスネイルには向いていません。自然な丸みのあるオーバルやラウンドなどの形にするのが良いです。

色は、やはりベージュ系やピンク系が無難。もともとの爪の色に近いので、ネイルをしている感じがなく、物足りなく感じるかもしれません。しかし、派手な色はNG。自分の肌の色にしっくり馴染む色を選びましょう。

派手すぎるデザインを避けて、自分の肌に自然に馴染むようなネイルはオフィスネイルとしても問題ないでしょう。遊びに来ているような印象を与えるネイルは厳禁です。周りからみて、「オシャレにばっかり頭を使っていて、仕事ができない人」と思われる原因になります。

オフィスネイルは、上品さと清潔感が重要です。健康的に見える爪、自然に見える爪を目指しましょう。

ネイルをするなら、常に美しく整えておくのがマナーです。一部が剥がれているのでは、清潔な印象になりません。汚く、だらしなく、見えてしまいます。かえってマイナスの印象になりかねません。ネイルをするならするで、きちんとお手入れをしておきましょう。

美しく整ったネイルなら、仕事もきちんとしている印象になります。

オフィスネイルのオススメのデザイン

オフィスネイルは、シンプルなデザインが基本です。ワンカラー、フレンチネイル、グラデーションネイルが人気です。派手すぎるデザインにならないように気をつけましょう。シンプルだと飽きてしまうかもしれませんが、それくらいが良いかもしれません。

オフィスネイルには、カネボウのコフレドールが使いやすいです。

ウケが良いネイルとは?

女性にとっては物足りないクリアネイルでも、上司や男性の同僚にはウケが良いものです。ツヤツヤとしたクリアネイルは、健康的で清潔な印象を与えます。甘皮などの手入れが行き届いていることで、女子としての評価アップです。ネイル厳禁の職場でも、爪をキレイに整えるくらいはマナーとしてしておきたいですね。

手のお手入れも大切に

爪の保湿

ネイルをするなら、ハンドケアもしっかりしたいところ。

乾燥しているオフィスやパソコンを多く使う仕事などでは爪が乾燥したり、衝撃で傷みやすいです。ネイルオイルを爪に塗り込むなど、日頃から保湿ケアに心がけましょう。

オフィスでハンドクリームを手全体に頻繁に塗れば、爪だけでなく手も保湿できます。爪と手、両方を一緒にケアすれば、楽チンです。

せっかくネイルしていても、ガサガサの手ではキレイといえません。手は、名刺交換やお茶出しのとき、書類を渡すときに意外に見られています。健康で美しい爪、手でいるためには、毎日のケアの積み重ねが欠かせません。

万が一、うっかり爪が欠けてしまったとき、ネイルが剥がれてしまったとき用に絆創膏を持っていると良いかもしれません。仕事中に爪を直すことはできません。万が一の緊急事態用の備えをしておけば、大切なお客様の接客の仕事があっても安心です。