ネイルチップの付け方| ネイルを手軽に楽しむサイト

ネイルチップの付け方

ネイルチップの付け方

オシャレ好きな女の子なら、ネイルを楽しみたいですよね。とはいえ、「ネイル禁」の職場も多くあります。ネイルチップなら、そんな職場でも重宝します。

デートや友達の結婚式など、指先までおしゃれしたいとき、わざわざネイルサロンに行かなくても、気軽に付けたりハズしたりできます。ネイルチップは、付けたいときに自分の爪に貼るだけです。ネイルチップは便利なアイテムです。

今回はネイルチップの貼り方と長持ちさせる方法を紹介します。

ネイルチップを貼る前の準備

ネイルチップは、雑に付けると剥がれやすいです。ネイルチップを貼る前に、爪をしっかり整えておきましょう。

まず、爪の表面に汚れが付いていては、ネイルチップを貼るシールがしっかりくっつきません。テープをしっかりくっつくようにするには、油分ゼロのリムーバーで汚れを落としましょう。

ハンドクリームやメイク用品の油分が爪に残っていては、うまくくっつきません。リムーバーでなくても、消毒液、ハンドソープで洗っても、油分を落とすことができます。

この一手間をかけるかどうかで、持ち具合が違います。

ネイルチップは、サイズとカーブがポイント

ネイルチップは、自分の爪のサイズとカーブに合わせることが重要です。いくら可愛いネイルでも、自分の爪に合っていなければ、長持ちしません。

サイズは、自分の爪に合う物を選びましょう。ピッタリのものがないときは、少し横幅が大きいと思うくらいのものを選びます。

ネイルの調整は、ネイルファイルという専用のやすりを使います。爪に合わせて削りましょう。

風呂上がりにはろう

ネイルチップは、風呂上がりのタイミングが最適です。お風呂上がりは、爪が柔らかく、汚れていません。

しっかりと爪にネイルチップを貼ることができます。

ネイルチップの付け方

ネイルチップは、両面テープかネイル用接着剤でくっつけます。ネイルチップによっては、購入時にすでに両面テープが貼ってあるものもあります。

両面テープを使うときは、ネイルチップ→自分の爪の順番でくっつけます。両面テープのサイズは、あらかじめチップに合わせてカットしておきましょう。ネイルチップのカーブが合わず、少し自分の爪との間が空いてしまうときは、何枚か両面テープを重ねて間を埋めます。

両面テープの接着力を弱めないためには、チップは一発で貼りましょう。何回もやり直していれば、チップが外れやすくなってしまいます。

接着剤のときも、付け方は同じです。しかし、接着剤だと、ネイルチップを使えるのは一回限りです。ネイルチップを外すときに、ネイルチップも一緒に溶かしてしまいます。

接着剤を使うときは、ネイルスティックでするとやりやすいです。はみ出した接着剤を取るのに便利です。

チップが使い捨てになるのはもったいないですが、しっかり取れないようにチップをくっつけたいなら、接着剤がおすすめです。

まとめ

ネイルチップがあれば、職場でネイルNGでも、プライベートな時間にネイルを楽しむことができます。ネイルサロンにいちいち行かなくて良いので、節約にもなります。

職場とは違う爪先のおしゃれで、オンとオフの差を楽しみましょう。

お気に入りのチップを愛用するため、チップは、サイズ・カーブが合っていることが大切です。自分の爪にぴったり合っていれば、剥がれにくいです。チップに外力がかかっても、割れにくいです。

市販のネイルチップでは自分の爪になかなか合わないなら、オーダーメイドで作ってもらうのも良いです。ネイルサロンに行けば、爪に合わせてチップを作ってくれます。少しお金がかかりますが、自分の爪の形、好みのチップを作ってもらうと、爪に違和感なくチップを楽しめます。

普段ネイルをできない人でも、ネイルチップがあれば、自分の好きなときに指先をチェンジできます。