チェックネイルのやり方 | ネイルを手軽に楽しむサイト

チェックネイルのやり方

チェックネイルのやり方

チェック柄のネイルは、とってもキュート。チェック柄は、女性に幅広く人気です。色やデザインによって、印象は大きく変わります。カジュアルなシーンにもエレガントなシーンにも活躍。色を変えるだけで、どんな季節にも使えます。

チェックネイルを試したくても、「線が曲がっちゃうかも」「がたがたになるかも」と心配かもしれませんが、けっこう簡単です。チェックネイルを試してみましょう。

チェックネイルのおさらい

チェック柄はスカートやマフラーなど、ファッションとしても人気のデザインです。2色を使った格子柄のデザイン。暗めの色や暖色系のチェック柄にすれば、秋冬。パステルカラーにすれば、春。ビビットカラーやマリンカラーなら夏といったように、オールシーズン使えます。

チェックネイルのやり方

チェックネイルは、マニキュアでもジェルネイルでもできます。硬化できる分、ジェルネイルの方がやりやすいです。マニキュアを使うときは、しっかり乾かしてから色を重ねましょう。

マニキュアにしても、ジェルネイルにしても、ベースカラー1色、ポイントカラー2色以上を使います。キレイに色をのせるため、ネイルを長持ちさせるため、ベースとトップも忘れずに使います。

チェックを書くときに大活躍するのが、マスキングテープです。キレイな線を書くには、マスキングテープを貼って、テープとテープの間を塗るように書いていくと良いです。マスキングテープは指にオーバーするくらいの長さで貼り、端を折り曲げておくと剥がしやすいです。

フリーハンドで書いても大丈夫ですよ。慎重に気合を入れて書いていきます。机の上に手を置いて書いた方が、安定感があって書きやすいです。

色を変えたり、線の太さを変えたりすると、全然違った雰囲気を楽しめますよ。

チェックネイルにさらにストーンをプラスすれば、おしゃれ度をアップできます。キラキラとゴージャス感をプラスできますね。細いラインにシルバーやゴールドの色をもってくるのも素敵です。上品で華やかな印象になります。

全部をチェック柄にするのではなく、3本を1色のシンプルなデザインにするのもおすすめ。抜け感を出せるのと同時に、チェック柄を引き立てることができます。

チェックネイルの注意点

チェックネイルは、ラインが命です。十分に乾いていないうちに(硬化していないうちに)重ねて塗っては、せっかくのラインが台無しになってしまいます。

いつもより十分に乾かすことを注意しましょう。

チェックネイルにしたときは、柄ものの服を着るのは避けましょう。ごちゃごちゃとまとまりがない印象になってしまいます。

チェック柄ネイルは、マスキングテープさえあれば、簡単に書くことができます。あとは、焦らず、しっかり乾かすこと。これさえ押さえれば、十分です。ぜひ、チェックネイルを楽しんでください。