効果的なハンドケア | ネイルを手軽に楽しむサイト

効果的なハンドケア

効果的なハンドケア

年齢があらわれやすい手。手は人目につきやすく、特にネイルをしている場合は目立ちます。冬は特に手が乾燥する時期。手荒れでカサカサしていると、せっかくのネイルも台無しです。

ハンドケアに気をつけて、潤ったネイルの似合う手にしましょう。

ハンドクリームでささくれ防止

乾燥した指先に起こりやすいのがささくれです。ささくれがある指先では、ネイルをしていてもきれいに見えません。ささくれを防ぐには、ハンドクリームを頻繁に塗ることです。

オフィスで手の乾燥を感じるときやトイレに行った都度、ハンドクリームを塗るようにして、指先の潤いを保ちましょう。

カサカサの手には、角質ケアも効果的

カサカサと硬くなった手には、角質ケアが効果的です。

市販のボディスクラブまたはハンドスクラブを使って古くなった角質を取り除きましょう。角質ケアのときは、肌を傷つけないように気をつけます。やさしく指の腹でくるくるとマッサージするようにケアします。

食器洗いはゴム手袋を着用

食器洗いを素手ですると、手の乾燥や肌荒れを招きます。

直接、洗剤に触れないようにして下さい。食器洗いは、必ずゴム手袋を付けましょう。そのとき、シルクまたは綿100%の手袋を付けた上にゴム手袋をするようにします。あらかじめハンドクリームを塗った手なら、保湿ケアも兼ねることができます。

ハンドマッサージ

手を美しくするには、ハンドマッサージで手の血流を良くすることです。血流を良くすると、手に栄養が行き渡り、手のシワ・むくみの改善・美白の効果を期待できます。

ハンドマッサージをするときは、オイルを使います。まず手のひらでゆっくりオイルを温めた後、手全体にオイルを馴染ませます。そして、指1本1本にオイルが行き渡るようにくるくるマッサージします。その後、手全体をやさしくもみほぐします。

マッサージにはオイルが最適ですが、ハンドクリームでも代用できます。

寝るときは手袋をして保湿ケア

夜眠るときはワセリンまたはハンドクリームを手全体に塗った上で布製の手袋を付けましょう。手に保湿成分が浸透し、朝にはキメの整った美しい手になっています。

手袋は、シルクか綿100%のものがおすすめです。ハンドクリームにオイルを少し混ぜて塗るのも効果的です。

紫外線対策も大切

保湿ケアの他に、紫外線対策も忘れずに行いましょう。紫外線カット用の手袋をしたり、日焼け止めを塗ったりして、手を紫外線から守りましょう。

サロンでのスペシャルケアも試してみよう

ネイルサロンの中には、パラフィンパックをしているところもあります。パラフィンパックでは、ろうそくのロウ(パラフィン)を溶かした中に手を入れて、肌の保湿を促します。パラフィンは温かく保温効果があるので、指先の血行を良くしてくれます。

行きつけのサロンがパラフィンパックをしているなら、ぜひ試してみて下さい。

まとめ

手の保湿ケアには、普段からできるハンドクリームやゴム手袋、マッサージ、紫外線対策から、サロンで受けるパラフィンパックなど色々あります。ネイルが似合う潤った手でいるため、日頃からハンドケアに気をつけたいですね。

お金がかかりますが、サロンでハンドマッサージを受けてみるのも良いですね。人にマッサージをしてもらう気持ちのよい時間は、心の潤いにも効果があります。

特にネイルをしていると、手にも自然に目が行きます。ネイルだけでなく、手のケアもしっかりして、潤いのある手を保ちましょう。