トップページ | ネイルを手軽に楽しむサイト

マニキュアの塗り方

マニキュアの塗り方

お気に入りのネイルがきれいな状態で長持ちすれば、うれしいですよね。今回は、マニキュアをキレイに塗る方法、長持ちさせるための塗り方について紹介します。

用意する物

・ベースコート
・マニキュア
・トップコート
・リムーバー
・コットン
・綿棒
・爪楊枝

マニキュアの塗り方

マニキュアをキレイに塗るポイントは、ムラなく、はみ出さずに塗れていること。マニキュアをはみ出さないように塗るには、手首を固定することです。

二度塗りすれば、ムラなく塗ることができ、長持ちします。皮膚に付いたマニキュアは除光液で落とし、細かい部分は爪楊枝を使って落とします。

均一に塗るため、濃くなったマニキュアは薄め液を使って薄めて使います。

①爪の表面をキレイにする

リムーバーを付けたコットンで爪を拭き、表面の油分や汚れを取り除きます。リムーバーの代わりにアルコールを使うこともできます。

ハンドクリームなどの油分が気になるときは、石鹸で手を洗ってから同様の手順で爪の油分を取り除きましょう。

②ベースコートを塗る

マニキュアを長持ちさせるため、ベースコートは、まず爪の先に少量一塗りしておきます。この一手間で、マニキュアが浮きにくくなります。

その後、爪の真ん中、両サイドの順に3塗り爪全体にベースコートを塗ります。そうすることで、爪の表面の凹凸が整い、マニキュアが爪に密着しやすくなり、ノリが良くなります。また、ベースコートを下塗りしておくと、マニキュアの色が爪にうつるのを防ぐことができます。

ベースコートには、爪を割れにくくするものや二枚爪を防ぐ物、爪の表面をなめらかに整えてくれるものなど、いろいろな種類があります。希望に合わせて、使い分けてみてください。

③マニキュアを塗る

マニキュアも爪の先端から塗っていきます。そして、爪の真ん中、両サイドの順で塗っていきます。

マニキュアは、ボトルの口で刷毛をしごき、片面にカラーがのっている状態で、爪の根元ギリギリの付近から爪先にかけてかすれないように気をつけながら、同じほどの圧で慎重に塗っていきます。厚く塗ると長持ちしないので、なるべく薄く塗ることを目指します。

マニキュアが乾いてきたら、二度塗りします。二度塗りするときは、一度目より少し多めにマニキュアを塗った方がキレイに仕上がります。二度塗りは、マニキュアのムラをなくすためなので、爪の根元ギリギリまでは塗らなくて大丈夫です。

はみ出したマニキュアがあれば、綿棒にリムーバーを付けて落とします。細かいマニキュアは爪楊枝でこすって落とします。

④トップコートを塗る

マニキュアがしっかり乾いたら、爪全体にトップコートを塗って仕上げます。爪先を塗り、爪全体に塗ると、ツヤのあるつるんとした見た目になり、ネイルも長持ちします。

この方法でマニキュアを塗れば、ムラなく、長持ちするネイルに仕上がります。ネイルの美しさを左右するのは、はみ出した部分をしっかり処理すること。最後の一手間で、印象が変わります。

私が愛用しているマニキュアのブランドは、ジルスチュアート。容器も可愛くて、おすすめです。